スキー&SYT

2月26日(日) ユートピアサイオト 試乗会

予定通りサイオトに行ってきたんや。
曇り一時晴れってとこやったかな。

試乗した板はわずか3本。
事前のチェックが甘かったのが少し悔やまれた。

1本目 HEAD  Supershape I.Magnum 163cm

アイキャッチ画像にもある通り蛍光のグリーンやで。
蓄熱して夜光るんやないやろな。(笑)
この板は雪面に吸い付くような印象を受けたな。
操作も自由自在って感じやった。
トップの形状には少し違和感を感じたんやけどその形状は
自分に体のもっていきかたを伝えているようにも思えた。
オールラウンドな板やな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HEAD 2017 SUPERSHAPE i.MAGNUM
価格ナント40%オフ 135,000円⇒81,000円(税込、送料無料) (2017/6/5時点)

2本目 HEAD  WORLDCUP REBELS i.SPEED 180cm

この板はチョイスミス。
人の多い一般ゲレンデでこの板どう使ういうねん。
せっかくやからそれなりに楽しんだんやけど。
意外や180cmの長さは気にならんかったんやけどや
はり目的に合った板選びということはようわかった。
高速時の安定性は抜群やな、当たり前の感想やけど。
1・3本目の板のルックスが派手だっただけにこの
板はかなりおとなしめで真面目な印象を受けた。

HEADといえば自分はリッチー・ベルガーを連想する
んやけど今シーズンも日本に来てくれてるんやな。
久しぶりにサイトを見たら映像が主のような感じになっとった。
わしが芸北国際でリッチー・ベルガーのレッスンを
受けたのはもう12、3年前になるんやろうか。
レッスンはドイツ語9割、英語1割って感じやったかな。
そんな中、リッチーの口から出た“basic technique”や
“practice”という言葉は今でも記憶に残っとるんやな。
1日目に泊まったハイランドホテルでもリッチーは参加
者からのたくさんの質問に丁寧に答えてくれたんやな。

3本目 VOLKL  RACETIGER SC YELLOW165cm

1本目のマグナムに比べると少し軽さを感じた。
板の形状はクセがないといった感じで自分は好印象を受けた。
操作はしやすく上体が遅れた際も容易に基本
ポジションに戻してくれるようにも思えた。
5本候補をみるなら入ってくる板かなと思った。

Supershape I.Magnum 163cm と
RACETIGER SC YELLOW 165cm の
先端部の形状を比較してみたのが下図や。

随分形状が違うなという印象やったんやけど
重ねてみると僅かな違いなんやね。
一番アウトラインの相違のあるところで6㎜ぐらいやないかな。
これって人の顔にも言えることかもしれんな。

今回予想していなかったことに試乗会の会場に
おいてPEAK PERFORMANCEのウェアーを
試着して滑走できるというものもあったので勧められた
Gore-texの中綿入りジャケットを着てメダリストコース
上部から滑走してみることができた。
自分が着たモデルはまだネット上では確認が
できない2018年モデルであったのであろうか。
参考までに近いと思われる2017年モデルの
Heli 2L Gravity Jacketを記しておく。
PEAK PERFORMANCE は高いんやな。

今着ているホグロフスの買い足しが
デザインの合わせなども考えると現実的か。

来期購入の見込みの強いものは
 ・ブーツ  これこそが慎重に慎重を要する。
       ウェアーとの色の釣り合いも疎かにしたくない。
 ・メット  今のは古すぎて人から笑われていないか不安になる。
 ・ウェアー 
 ※板は I’m not sure yet. といった感じ。 

通して滑っているときに今回意識したことは小回りに
おいては板への加重度と回旋の関係、中周りにおいて
は板の持つ性能を引き出すに見合った素直な踏み込み
の点、フォームにおいては両腕の開き加減とそれに伴
うストックワークなどやった。

ゲレンデの様子は少しならこの動画で伝わるんやないかな。

転んでも楽しそうにキャーキャー言っていた人がいた
んやけどこういうのってスキー・スノボを楽しむとい
うことにおける原点やないかと思ったんやな。

滑走技術のことやマテリアルなどのことはたまには横
においといて純粋に楽しんだらええんやないか。
板を試乗した日にこんなことも思ったりしたんやな。

Merci d’avoir lu ce post, je vous remercie
(コノキジヲヨンデクレテアリガトウ)
このサイトはただいま何位でしょう?

関連記事

  1. スキー&SYT

    2月19日(日) 瑞穂ハイランド

    アイキャッチ画像平凡や。うー、さえん。胸が少しモヤモヤする。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. トレーニング

    ロードバイク(安芸灘とびしま海道)
  2. その他

    about cycling gloves
  3. トレーニング

    ロードバイク(周防大島)
  4. その他

    RB+GH
  5. スキー

    シーズン終了宣言?
PAGE TOP