その他

広島みなと夢花火大会について 穴場情報も

広島で開催される大きな花火大会と言えば

広島みなと夢花火大会
2017年7月22日(土)20:00~21:00

宮島水中花火大会
2017年8月26日(土)19:40~20:40

などがあげられると思うんや。

わし個人は年1回それらのうちどれかを見れば満足なんやな。
2015年広島みなと夢花火大会に行ったときの様子を自分の他の
ブログで記事にしとったんでちょっと引用してみるんやけどその
ブログ自体は更新しなくなったんで退会処理してもう無いんや。

広島みなと夢花火大会の穴場情報のまとめ
としてその記事だけ残しときたかったんやな。

ズバリそのとき宇品沖の“ 金輪島から見た ”
いうことや。

花火の打ち上げは午後8時から午後9時で金輪島から
広島市営宇品桟橋への船は午後8時20分が最終とい
うことなんでテントで金輪島に1泊したんや。

※花火大会当日のフェリー時刻は事前にチェックやで。
その日は通常と変わる可能性大やからな。

初めフェリーの切符をどこで買うんかわからんで
聞いてまわったんやな。
金輪島行きはフェリーの中で買うんやった。(笑)

余計なことに時間を使って結局食料なんか
買えずに午後6時の船に乗り込んだんやった。
そんで金輪島に午後6時15分頃着いた。

拡大 ↓

金輪島内基本1本道なんで迷うことなく
目的地にも午後6時34分着いたんやった。

拡大 ↓

行く途中花火を見るために家の外に出とる島の人達らも見たな。
船を浜辺に着けて上陸を試みようとしよる人達も見た。
到着した場所にはまだ誰もおらんかった。

海の沖の方を見るといくらか船が花火を見るために来とった。
近辺を散策しても花火が始まるまで1時間以上あったんやな。

地元の人にテントを張ってよいか敷地や道路のことを聞
いて明るいうちにテントを設営しとくことにしたんや。

テントはビッグアグネスのフライクリーク
総重量はなんと936gなんや。
設営も楽で5分かからんかった。
午後7時16分テント設営完了。

7時過ぎた頃からやったろうか横を見ると写真
撮影が目的のような人達らが10人以上来とった。

当初テントの設営場所は金輪島西側のビーチを考えとった
んやけど結局は花火を見る場所から近いところにしたんやな。
地面が芝っぽく綺麗でペグも程よく刺さるそこにしたのは正解やった。

徐々にあたりが暗くなってゆく様子を楽しみながら見とった。


写真 c

東にはライトアップされた広島高速3号線の橋が見えた。
MAP1における写真 c 撮影時間 午後7時36分

西の方には広島宇品プリンスホテルがあり写真では
わかりずらいんやけど部屋の明りが結構点いとった。
MAP1における写真 b 撮影時間 午後7時37分


写真 b

何より花火の打ち上がる正面の空が美しかったんやな。
MAP1における写真 a 撮影時間 午後7時44分 花火開始16分前


写真 a

自分が座った場所の前だけ2メートルくらい手すりが無かっ
たんで何も遮るもの無く前を見ることが出来たんやった。

8時近くになってきて地元の家族らしき人達も近くに来よった。
そして午後8時本番が始まったんやった。

見える花火の大きさといい音の大きさ
といいほんまにそこはええ場所やった。
金輪島に来て良かったと思ったんやな。

敢えて今度来るときのことを考えるとするならもう少し
厚めの下に敷くシートかコンパクトなチェアーの持参
そしてもう少し食料をということぐらいやろうか。

花火大会当日、自分のために1万発の花火が
上がってくれてとるのかとさえ思ったんやな。
対岸の宇品の方は何十万人という人がいたんやろう。
金輪島の自分のまわり方は20人から30人くらいやったかと思う。
穴場とはこういうことかなと思うたんやな。

広島の街の明りも程よく見えた。
空では時折東から西に飛行機が飛んでゆくのが見えた。
花火の上がる上空の左上に北斗七星も見えた。
自分の背後には月が半月の状態で出とった。
ほんまに飽きることのない1時間やった。

花火が始まって20~30分経った頃には自分は500ccの
ペットボトルを枕にして寝た状態で花火や星を見よった。

花火が終わりテントに戻ってまだ午後9時15分ぐらいやった。

特に一人用のテント内においてこういったGENTOS
の明るいランプはコンパクトやしオススメやな。

マットも必需品やな、空気抜けば小さくなるからな。

本を持ってきとったんやけど
それは読むことはなかった。
音楽聴いたりネットサーフィンを楽しんだ。
こんな夜もたまにはええもんや。

夜中は暑苦しさに何度も目が覚めた。
たまらずテントの入口のカバーだけオープンにした。
そしたらその後は朝の5時まで眠ることが出来たんやった。

朝起きて着替えてヒゲを剃って歯磨きをして
テントをたたんでもまだ6時くらいやった。

喉が渇いて辛くなり公園のところにある自動販売機
のところまで行きスポーツドリンクを1本買うた。
そして戻って帰りの準備をしたんや。

時間があったんでその場を後にして
向かったのは西側のビーチやった。
近道の山道もあるんやけどが自分は延長
290mの金輪島トンネルを通って行った。
サンダル履きのまま少し海水に浸かった。
西側の景色を見て船乗り場の方に移動した。

当初帰りは午前9時40分を予定しとったんやけど3時間も
金輪島ではすることが無く午前7時35分の便に変更した。

帰りの頃になって船乗り場近くのプレハブの建物
の中に自動販売機コーナーがあることを知った。

そこにはパンやアイス、ほか食べ物の自動販売機があった。
建物の外にはカップラーメンの自動販売機もあった。
ただそこはヘルメットや黒板等があり関係者以外立ち入り禁止やった。
そこは言わば工事現場の休憩所なんやな。
しかし自分は船を待つ間、そこでアイスを食べジュースを飲んだ。(笑)

乗る予定の船からは日曜やったのに島の造船所の人達が降りてきた。
土曜もそうやったんやけど金輪島に上陸する人の多くは食べ物・飲み物
等を買い込んでそれを持っとったようやった。

予定通り午前7時35分の船に乗り金輪島を後にした。

そして宇品に着いてカフェでモーニング頼んでゆっくりしたんや。

                     END

自分が金輪島に行った時のことそのままの
レポートやったけどどうやったろうか。

確かに一泊するっていうんは大変やけどしかしそう
すればゆっくり花火を楽しめるいうことなんやな。

no pain no gain
ちと違うかな。

最後にもう一度大事なことを列記しとくで。
穴場金輪島で花火を見る場合

・フェリー時刻の確認 特に行きの時刻
・フェリー乗り場の確認をしておく
 広島市営宇品桟橋はわかりずらい 
・切符はフェリー内で買う
・テント等の必要 宿無いから
・食料の持参 お店無い、自販機が少しだけやから
・フェイスシートあったほうがええよ汗かくからな
 少ないシート数の方がかさばらんな
 わしは腕も足もこれで拭く

今日はここまで

「宮島水中花火大会について」でまた引き続き花火大会の
記事アップする予定なんでそれ見てくれたら嬉しいんやな。

Merci d’avoir lu ce post, je vous remercie
(コノキジヲヨンデクレテアリガトウ)

関連記事

  1. その他

    ロードバイク街乗り

    今は朝の5時前や。今日は“瑞穂ハイランド”に行くんやけど昨夜は寝れ…

  2. その他

    about cycling gloves

    Lately,I often checked cycling glov…

  3. その他

    ロードにカジュアルなウェアーも So cool !

    ロードバイクに乗るにあたって絶対それらしい専用のサイクルジャージで…

  4. その他

    The rest of the year

    28日今日から3日まで休みや。どないしよ。1日目はまず考えるこ…

  5. その他

    the rainy season ロードで走りにでかけられなくとも

    今週ウェアーが届いたばかりやのにもう別のを考えよる。直営店限定のス…

  6. その他

    宮島水中花火大会について

    宮島水中花火大会に行ったんは3年前の2014年やったろうか。今…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    宮島水中花火大会について
  2. その他

    ロードにカジュアルなウェアーも So cool !
  3. その他

    You Tube サムネイル
  4. スキー

    ON SNOW スタート
  5. トレーニング

    ロードバイク(唐津~佐世保~佐賀)
PAGE TOP